Nokiaに関係ある事ない事をつらつらと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
705NKのケース
705NKはストレート携帯なので、保護するためにはケースが必要かな?と。クリアケースやシリコンケースなども結構良い感じなのですが、出来れば素のままで使いたいのでポーチタイプのケースを。で、選んだのが知る人ぞ知るRIPOFFSケース。実は自分の中でモバイル機器のポーチケースと言えば、これ以外に選択肢はありません(笑)。元々軍や警察で使用するために作られたらしいので、丈夫さはピカイチです。ただ日本国内ではなかなか取り扱っているお店が少なくて入手困難です。が、一度使うと手放すことができないくらい素晴らしいです。

nokimani071010_002.jpg
表面はバリスティックナイロン製400デニールバッククロスナイロン製でかなり丈夫、内側にもクッションが入っていて衝撃を吸収してくれます。開閉にはベルクロテープを使っています。これはCO-157Aというタイプ。元々Treoシリーズ向けのものらしいですが、705NKにピッタリです。というか、Treoって結構小さかったんですね。

nokimani071010_003.jpg

私はこんな感じで頭から突っ込んでます。この向きで705NKを入れると、フラップの右側にTreoのアンテナ出し用に少し切り欠きがあるので、そこからストラップを出すことが出来ます。アダプタのプラグも切り欠き寄りになるので、ケースに入れたまま充電することができて(゚Д゚)ウマーなかんじです。

nokimani071010_004.jpg

RIPOFFSポーチの最大の特徴であるクリップです。これにより、ベルトが無いズボンや、かばんのポケットなどにもぶら下げることができます。しかもこのクリップが強力で、少しばかり飛んだり跳ねたりしてもびくともしません。少なくともクリップが原因による脱落事故というのは一度も経験したことがありません。

nokimani071010_005.jpg

RIPOFFS勢揃い。探せばもっとあるかも(笑)。とにかくサイズが豊富なので、大抵のモノには合うはずです。問題はそれだけ取り揃えている店が日本にあるかどうか…。

PDAにPalmを使っている時にこのポーチに出会って以来惚れ込んでしまい、モバイル機器にはずっとこればかりです。欠点らしい欠点を挙げるとすれば、やはり機器を使うまでにフラップを開けて取り出す、というひと手間が掛かることと、クリップがついているために、かばんの中に放り込んだり、ポケットに入れたりすると嵩張る、と言うことくらいでしょうか。

興味がある方は、是非下記Websiteまで。

RIPOFFS


PS どこかRIPOFFSポーチを取り扱っているお店を知っていたら是非教えてください(笑)!
スポンサーサイト

テーマ:Nokia - ジャンル:携帯電話・PHS

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。