Nokiaに関係ある事ない事をつらつらと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デジタルカメラとしての705NK
705NKの大きな特徴の一つとして、カメラ機能が充実していることが挙げられます。使用されているレンズは、カメラファンならば誰もが聞いたことがあるカールツァイス製レンズです。画素数も320万画素と携帯電話のカメラとしては十分といえるでしょう。お陰でいつでもどこでも気軽に高画質な写真を撮ることができるので、ちょっとしたお出かけならば、705NKさえあればわざわざデジカメを別途持ち歩く必要はないかもしれません。ただ全てが全て良いと言うわけではなく、気になる点がいくつかあります。そのうちの一つが、カメラの起動に少々もたつく、ということが挙げられます。裏のカメラカバーを開くと、カメラが起動するまで少々待たされます。まぁ、起動した後はキビキビ動くので、私はあまり気にならないです。それよりも気になる点としては、画像が少し青カブリすることが挙げられます。というわけで、下がその例です。
nokimani071014_005.jpg

ちょっと出掛けたら、祭りをやっていたので写真に撮ってみました。デジカメ持っていなくても、気軽に写真を撮ることができるのでうれしいですね。こちらはオリジナルの画像をPCで取り込み、Photoshopで画像サイズのみを変えた写真です。

nokimani071014_006.jpg

こちらはPhotoshopで自動レベル補正を掛け、その後画像サイズを変えた写真です。

上の写真の方が若干青みが強いことが分かるでしょうか。ただ基本的には非常にきれいな写真を撮ることができますし、Photoshopのようなアプリを使えば簡単に修正することができまるので、私は705NKのカメラ機能には概ね満足しています。
スポンサーサイト

テーマ:Nokia - ジャンル:携帯電話・PHS

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。